Translate Company

ShojonoTomo ArtWorks

Top > What's New! > Blog

ShojonoTomo Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。

p>

★Androidケータイ「ライブ壁紙」ジュテーム販売中


https://play.google.com/store/search?q=uistore&c=apps&start=120&num=24&hl=ja

★docomo Android専用サイト プレイトイズ for Android SP販売中


http://and-sp.playtoys.jp/

(ミュージックマガジンDONUT VOL.5のイラスト入稿COMING SOON)



http://donut.main.jp/store/


ブログDOUBLE TEE(NEW WHITE COLOR)
TITLE:日本コレクションVoyage out&モデルグランプリ[Wa-Code]

世 界から日本へ。
世界中の人々が日本に関心を寄せ、来日し、
国内に活気満ち溢れる事を目的に。

若人、『和ーcode』を海外に進出していく
その登竜門となるよう、若人(学生)よりモデルグランプリと、
fasgionグランプリを開催し
次世代のためのチャンスを作り出します。

今回は、今年9月に開催する本編のためのPRイベントとなり
そのスペシャルイベントとして、現代アーティストのショウジョノトが、
2009年から2013年にかけて、スエーデン、フランスと
行ったCHILD PLAY753の再展示と、テーマである
SKINSHIP BARNY(SKIN BURN)のプロジェクト
[double tee shirt]を中心に
初のfasgion showと、その場でDouble teeを作成する
ライブペイントショー を開催します。

スペシャルは、本当に結婚を控えたカップルのための
白い[double tee shirt]であること。
愛情表現が下手な日本人気質打破の瞬間を、
ぜひ一緒に体感してください。
DOUBELE TEEでLOVE..^^

開催日時:4/29(火曜祝日)
入場無料

16:30〜開始
FASHION系学生より作品コンテスト、モデルコンテスト開催
17:30〜 ショウジョノトモのショー 予定

主 催:SPI国際広報宣伝部、東京両国芸術観光協会
事 務局:東 京両国芸術観光協会(Torata)

場 所:江戸東京博物館1 階ホール
www.edo-tokyo-museum.or.jp/‎
東京都墨田区横網1-4-1
03-3626-9974
MAP

■JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分
■都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A4出口 徒歩1分

マスコミ報道関係質問窓口:SPI国際広報宣伝部 菅野
kanno@japan-art.co.jp

――――――――――――――――――――――――――――――
撮影協力
TOKYO FASHION.COM
エスエスケイサプライ株式会社

★ ART
ShojonoTomo

MireyHIROKI
(株)Pic up me
Onch Movement
Takashi Matsuoka

★VJ
TOOWAII

★ANIMATION
Haruhiko Masuyama
Raqel Meyers

★MAKE
Makabe IseeI
Jura Kurauchi

★MUSIC
Goto 80
MISSILE CHEWBACCA
The Evil Hoodoo
Président Xerak
エ コ怪獣(ヴィーナス・シンコ)

★ MODEL
Coro
Bee Tiny Tot
Ayaka Kumagai
Allan Wooding
ALICETOGIZZELLE( THE LADY SPADE/ その 名は ス ペィド)
Lotta ( THE LADY SPADE/ その 名は ス ペィド)
Shusuke Nakano
Rika   Onami
Ray Horacek
Seika Chu
Sanae Matoba
ヴィーナ ス・シンコ(エコ怪獣 / ecokaijyu)
エリィ (エコ怪獣 / ecokaijyu)
Makoto Yoshida
HARIKEN
Ayako ishii
Manami Goto
Shiori Aida
Eri Kono

★SPECIAL THANKS
Koji Hiruta
Stéphane Shibatsuji-Perrin
Bicousya
Maya Saito
TOKYO FASHION.COM
エスエスケイサプライ株式会社
SWEET STREET
KUMA MIKI
ANTHENY NIGHT
----------------------------------------------------

JAPAN COLLECTION: Voyage Out & Model

Fashion & Art Performance by Shojono Tomo

Shojono Tomo is an artist who draws upon the theme of never growing up, possessing the soul of an “eternal child.” She is active both in her home country of Japan and abroad, practicing her unique mix of conceptual art and fashion. Her work is inspired by her imagination and view of the world, which has earned her a lucrative career as a contemporary artist. In recent years, her activities overseas include exhibitions in Sweden, France, the United States, notably, providing costumes for pop star Nicki Minaj, and beyond. www.shojonotomo.com

Visit Shojono Tomo’s blog for the latest information about her work:

ショウジョノトモの 名のとうり「永遠の子供」の魂をテーマに描くARTIST。

FASHIONをキーワードにしたコンセプチャルアートを国内外で活動中。ARTWORKでは、独特の目線か ら放つビジュアル制作やプラニングの経歴を積む。近年は、SWEDENに招待されての企画 展、NICKIMINAJの衣装提供(USA)、フランスでのイベントなど海外での活動が拡大中。 www.shojonotomo.com


Shojono Tomo’s Original Concept, Skinship Barney:

Shojono Tomo’s original art concept is inspired by the story of real life phenomenon, el Nino. The meaning behind “Skinskip” is specific to Japan. There are many ways it can be used, but Shojono Tomo uses it as a term of endearment. Hers causes abnormality in body temperature by a fluttering heart in love, which eventually burns out by its own heat. Shojono Tomo says, “Currently, Otaku-Kawaii is a popular subculture created by the younger generation of Japan. I use its influences to create iconic, culturally specific motifs in my work.”

テーマ[SKINSHIP BARNY(BURN)]

ショウジョノトモが創作した、愛情確認が不足すると、自らの熱で燃え尽きてし
まうという人間エルニーニョ現象の物語。
SKINSHIPとは、日本の造語。様々な意味があるが、ここでは親と子供の間の、愛情確認の ツールとして用いている。現在、日本が世界に誇る、KAWAIIやOTAKUカルチャーなどの個性は日本の若者の心の弱小化の現れでもあると考える。ショウ ジョノトモはその原因となった、日本人気質や、過保護化、更には日本の狭い土地までも関係あると考え 作品に象徴的なモチーフを入れている。

Shojono Tomo’s Double T-shirt Project:

The motifs represented in her concept of “Skinship” are the inspiration behind Shojono Tomo’s next project, Double T-shirt, a dress that two people can wear. In 2013, Shojono Tomo equipped the outfit with a sound sensor that replicates the sound of a Japanese toilet. The idea was introduced in France as part of a collaboration with close friend and artist, Mr. Matsuoka.


DOUBLE TEE SHIRT PROJECT

ショウジョノトモは、SKINSHIP BARNYのプロジェクトとし て2人で1枚の服を着るDOUBLE TEE SHIRTを作成し自動的にSKIN SHIPが出来るアイテムを考えた。 2013年には、日本人気質の代表として、トイレの音消しセン サーを搭載した
DOUBELE TEE SHIRTなどをエンジニアの松岡氏と共同で作成し フランスで発表した。


ブログCHILD PLAY 753 KIMONO


“Child Play” was produced for the kimono exhibition Kimono Fusion, held in Sweden from 2009 to 2011. Shojono Tomo took this opportunity to draw on the subject of “children” while fusing traditional and modern Japanese fashion cultures. Shojono Tomo was influenced by Japanese and Scandinavian mythology, where “children, specifically under the age of 7, are treated as heavenly spirits rather than human beings; the world belongs to the children of God.” These works are adorned with items such as Torii and prayers, toys, and memories collected from guests of the Tokyo Crazy Kawaii event in Paris in September 2013. It was first introduced by NHK World’s Kawaii.i International television show in February 2014. It is available for viewing to the general public for the first time in Japan by Edo-Tokyo Museum.



CHILD PLAY 753(神様の子供達の居る ところ

2009年から2011年までスエーデンで開催された KIMONO FUSION展のために制作し た、壁画と七五三の着物。伝統的な文化と、現在を融合したFASHIONを見せる企画内にお いてショウジョノトモは、自身のテーマである「子供」を描いてみた。日本では、7歳未満の人間は、人間では なく「神様の子供」と扱われていたこと、またスカンジナビアの宇宙神話と、日本の神話の共通点を交え、その 神様の子供の世界を表現した。これらの作品は2013年9月、パリで開催したCRAZY KAWAII IN PARISで お祈りの鳥居と、色んな人の想い出のおもちゃを集結した「狛犬ロボット= GIRINIJYO ROBOT」を追加し再演。 2014年2月にNHK-world kawaii-international(TV)にて紹介された。今 回、日本で原画を一般公開するのは、この江戸東京博物館が、初となる。




































FC2 Management
ブログ祝開店usagi
★祝!開店(中国語)usagi様
作ってみました!(過去のフォルダをみたら、結構うさぎの絵を描いている私に気づく。。)

パリの GALLERY USAGIさんの香港店が、4/12オープンします^^
来来〜
そちらでもART GOODSを販売させていただきます。
アジアでの固定shopは、台湾の洋服屋(screaming)さんに続き二回目。
聞いたら消費税がない!
今日から消費税がupした日本としては
格安飛行機も出来たし、香港行くしかなーい

香港行く人在住の人ぜひ足を御運びくださいね^^
GALLERY USAGI HONKONG
(6-10 Shin Hing Street, Hong Kong)

注:まだ香港のwebは出来てないそうですが、パリのusagiさんのaddはここ
usagi(paris)
プロのイラストレーターを志す人たちに役立つ誌面づくりを目指したMOOK本
[イラストノート]の30号記念
「新旋風 100人のイラストレーター」の入稿完了

ブログ いらすとノート掲載画面
★こんな感じに過去作品の紹介してます

絵を描く人にも色々なジャンルがあることを知らず
がむしゃらに自分の絵を、自分の中の「納得」を探していた頃
やれどもやれども褒められなかった私が
ある日辞書をひいた。
イラストレーターとはーーー挿絵描きのこと
最近ではこの言葉があてはまらないケースも多いけど
この意味を見てショック!
そうだったのかああああああ

その意味を知る前のある日
印刷物になった絵が、予定より縮小されて出来上がっていた。
なんで?編集さんに訪ねたら
「このページがショウジョノトモ色になってしまいすぎるので、
少し小さくさせていただきました。すみません」
と返事されたことがある。
(勿論事前にラフ確認なく勝手にサイズ変えちゃうのなんてありえないのだけど
ぎりぎり進行でどうにもならずの策だったみたい)
今思えば。編集部の注文にも自分也にテーマをひいたり
実験を繰り返していた私の絵が「説明絵」を求めているクライアントとしては
とっても困ったに違いない。。。

他の編集部では「貴方はアーティストでしょ?」と言われた事もあった。
意味解らずもんもん。。

こうして私の絵仕事はガソリンの予備や、タイヤのスペアを持たずに
アメリカ横断しはじめた車みたいに後先考えず発射して
しょっちゅういろんなモノにぶつかった。
ちゃんと調べれば解ることなのに、自分の中で納得出来るかどうかががいつも頭をしめていて
私は歓迎されない絵描きなんだと思ってきた。
そして現代アートに出会い、、FASHIONの世界でははみだすことが歓迎されたり。。
そんな私に今、イラストレーターのための本の依頼が来るなんて
なんだか不思議。

なんで今こんな事を書くのか?
というと、この本がイラストレーターのための情報誌と聞いたので
私也に役立てる事を考えてみて。
WEBで検索すればなんでも答えてくれる今(それでも検索嫌いなまま)だから
こんな人はいないかもだけど、万一私みたいな人がいたら
こんなスタートを切って自信喪失したり回り道した人間がいるというサンプルがおります。
でも、、、私みたいな人間だと多分このブログにたどり着かないんだろうが(笑)

4月中旬発売 
[イラストノート]30号記念
「新旋風 100人のイラストレーター」
発行:誠文堂新光社
イラストレーターノート
2/4に舞台美術とインタビューを終了いただいた
Kawaii International の番組が、日本では2/23に
ライブストリーミング放送でご覧いただけます。
1日6回見るチャンスがあるので、ぜひどこかでご覧になってみてくださいね。

#21スタジオロゴあり 72

#21出演者ロゴ入り72
★MC 関根麻里さん、サブMC メロディー洋子さん(モデル)
 そして、nicmi minajが、日本に着た時にスタイリングでお世話になった
ミーシャ・ジャネットさん(ファッションジャーナリスト)

徹夜で眠すぎて、収録見ずに、裏でぼ〜


◆ 番組名:Kawaii International (Official HP:http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/)

◆コンセプト:『日本のカワイイを世界に発信!!』
 「Kawaii International」は、東京のkawaiiファッションやカルチャーに焦点を当て、
 最新ファッションやトレンドアイテムを世界にむけて紹介する番組です。
 さらにFacebook(kawaii.i)を通じて世界中の女の子に呼びかけ、コンテストなどを開催し
 たり、世界中のkawaiiファンが一体となって楽しむことを狙った番組です。
◆出演者:MC 関根麻里
     サブMC メロディー洋子(モデル)
          ミーシャ・ジャネット(ファッションジャーナリスト)

◆放送局:NHK World(※海外向けのNHKチャンネル、全編英語放送)
     /NHK WorldのHP(http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html)
      でのライブストリーミング放送

◆ 放送日:2014年2月23日(日)
0:10, 4:10, 8:10, 12:10, 16:10, 20:10 計6回放送
     (※ライブストリーミング放送では、同じものがこの日に6回流れます)


■日本時間

In JST or Japan Standard Time,

April 26, Sun. 0:10 / 4:10 / 8:10 / 12:10 / 16:10 / 20:10



■放送を見ることができるNHKWORLDのページ

http://www.nhk.or.jp/nhkworld/w/movie/

※インターネットがつながっていれば無料で視聴できます

※同じエピソードを24時間6回放送されます

※ストリーミングのみで、オンデマンドでの視聴やダウンロードはできません

※Available on internet for free for everyone to watch

※Same episode will be streamed in a total of 6 times once in 24 hours

※only available for streaming, not for downloading 



■番組のホームページ

http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/



■番組と連動した独自のfacebookペー ジ

www.facebook.com/kawaiiiofficial NHKWORLD Kawaii International

Episode #21 "Kawaii in Traditional"

In UTC or Universal Time Coordinated, timings are as follows:

Feb 22, Sat. 15:10/19:10/23:10

Feb 23, Sun. 3:10/7:10/11:10



In JST or Japan Standard Time,

Feb 23, Sun. 0:10/4:10/8:10/12:10/16:10/20:10



※Available on internet for free for everyone to watch

※Same episode will be streamed in a total of 6 times once in 24 hours

※only available for streaming, not for downloading 



Program web page⇒ http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/

Streaming page ⇒ http://www.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

Chat available while watching the show ⇒www.facebook.com/kawaiiiofficial

--------------------------------
おまけ:
2/4の収録は、もう1本別枠の撮影が入るとの事で
搬入時間が4時間ほど、、スエーデンでも、フランスで搬入時間が足りなかった経験を思い出して
私の信頼出来る2人に搬入を手伝ってもらう。
一人はフランスのcarazy kawaii in parisでもお世話になった
間壁一晴くん、もう一人はなんと名古屋から新幹線で着てくれたエンジニアの松岡サン
2人は私が言わずとも察してくれる、気配り男子!

ブログ準備中
ブログ三人で

御仕事もきれいで早い。
て、2人の手を見たら、そこらへんの女子より美しい『手』!
しかも形が似てる

ブログの手
★右がアトリックスのcmもこなした(uso)一晴くんの手

搬入中に作品のテーマなどをインタビューとのことで
ずっとついてくださったカメラマンさんと三人に
即席チーム「殿様んず記念

ブログ殿様んず

私は眠すぎて一人あそび

ブログ鏡の中のtomo

ブログ田中さん達
★ロケ弁中のスタッフの皆様
時間のない中テキパキとありがとうございました^^
大変勉強になりました。


此の日は小雨と、ちょっとあられ、、
搬出も完璧にこなしてくれた2人。
新幹線を乗る前の松岡サンと大崎に戻りベトナム料理食べて
更に睡魔。。。

ブログ殿様頭富士山
日本にいながら、世界の方にみていただける機会をいただけることや
遠くから手伝いにきてくれる友人達に感謝して
ちょっと濡れながらひといきつく
毎回イベントの日は徹夜明けだけど
仕事が終わった後の一息が幸せ。。
いつもありがとう^^



ブログカバー表紙のみ


ブログ最終ロジャーカバー表紙版下


ブログロジャー表紙版下

ロジャー松岡サンの4作目「ラブレター」の
本のデザインが完了〜
最初は彼自身を撮影した姿を表紙にするつもりだったのだけど
内容を読んでいるうちに、私の描く世界との共通感を入れたくなり
ロスの展覧会のために描いた「DOUBLE DECK]という絵を
コラージュしてみました。

この絵は、中心に居る女性(将来ママになる人)が、
子供2人の顔にカセットテープを入れているところ。
子供は自分の思い通りの音を奏でるマシーンじゃない
そんな絵です。
これ以上話すと内容が読み取れちゃうので続きは、手にして読んでみてね。
実物完成販売は、AMAZONで5月を予定(詳しくは又ブログで書きます)
ラブレター:ロジャー松岡・著/ブイツー・ソリューション (500円+税) Amazon限定販売


ロジャー松岡ブログ


ブログ帯きりとり

★帯のコメントも書きましたが、これ撮影の後の打ち上げで、
ファミレスのナプキンに描いた文字。
サルバドールダリのチュッパチャプスデザインみたいになりますように(笑)

ブログダブルデッキ白
★キャンバスに書いたDOUBLE DECKの絵。。

私の作品の中に、他人のラブレターを見つけると
嫉妬して食べちゃうという魔女の絵があったので
ロジャーさんにも食べてもらいました。
飲み込んじゃって、いらない物はうんちにして出して
水に流す!
これ案外恋の痛手に効くんじゃないか?

HELLO FRIENDS
I DESIGNED COVER DESIGN OF ROGER MATUSOKA'S BOOK.
I HAD MIX MY DROWING WITH HIS FACE.
MY DROWING TITLE IS [DOUBLE DECK].I DROW FOR EXHIBITION IN LA 2011.
I WISH YOU CAN GET SKINSHIP SPIRIT.
ROGER MATUOKA HAS SAME SPIRIT.
COMING SONN TO AMAZON ON MAY 2014.



 / Template by 無料ブログ(blog)テンプレート カスタマイズ方法