ShojonoTomo ArtWorks

Blogカテゴリその他

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
2/4に舞台美術とインタビューを終了いただいた
Kawaii International の番組が、日本では2/23に
ライブストリーミング放送でご覧いただけます。
1日6回見るチャンスがあるので、ぜひどこかでご覧になってみてくださいね。

#21スタジオロゴあり 72

#21出演者ロゴ入り72
★MC 関根麻里さん、サブMC メロディー洋子さん(モデル)
 そして、nicmi minajが、日本に着た時にスタイリングでお世話になった
ミーシャ・ジャネットさん(ファッションジャーナリスト)

徹夜で眠すぎて、収録見ずに、裏でぼ〜


◆ 番組名:Kawaii International (Official HP:http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/)

◆コンセプト:『日本のカワイイを世界に発信!!』
 「Kawaii International」は、東京のkawaiiファッションやカルチャーに焦点を当て、
 最新ファッションやトレンドアイテムを世界にむけて紹介する番組です。
 さらにFacebook(kawaii.i)を通じて世界中の女の子に呼びかけ、コンテストなどを開催し
 たり、世界中のkawaiiファンが一体となって楽しむことを狙った番組です。
◆出演者:MC 関根麻里
     サブMC メロディー洋子(モデル)
          ミーシャ・ジャネット(ファッションジャーナリスト)

◆放送局:NHK World(※海外向けのNHKチャンネル、全編英語放送)
     /NHK WorldのHP(http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/index.html)
      でのライブストリーミング放送

◆ 放送日:2014年2月23日(日)
0:10, 4:10, 8:10, 12:10, 16:10, 20:10 計6回放送
     (※ライブストリーミング放送では、同じものがこの日に6回流れます)


■日本時間

In JST or Japan Standard Time,

April 26, Sun. 0:10 / 4:10 / 8:10 / 12:10 / 16:10 / 20:10



■放送を見ることができるNHKWORLDのページ

http://www.nhk.or.jp/nhkworld/w/movie/

※インターネットがつながっていれば無料で視聴できます

※同じエピソードを24時間6回放送されます

※ストリーミングのみで、オンデマンドでの視聴やダウンロードはできません

※Available on internet for free for everyone to watch

※Same episode will be streamed in a total of 6 times once in 24 hours

※only available for streaming, not for downloading 



■番組のホームページ

http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/



■番組と連動した独自のfacebookペー ジ

www.facebook.com/kawaiiiofficial NHKWORLD Kawaii International

Episode #21 "Kawaii in Traditional"

In UTC or Universal Time Coordinated, timings are as follows:

Feb 22, Sat. 15:10/19:10/23:10

Feb 23, Sun. 3:10/7:10/11:10



In JST or Japan Standard Time,

Feb 23, Sun. 0:10/4:10/8:10/12:10/16:10/20:10



※Available on internet for free for everyone to watch

※Same episode will be streamed in a total of 6 times once in 24 hours

※only available for streaming, not for downloading 



Program web page⇒ http://www.nhk.or.jp/kawaii-i/

Streaming page ⇒ http://www.nhk.or.jp/nhkworld/index.html

Chat available while watching the show ⇒www.facebook.com/kawaiiiofficial

--------------------------------
おまけ:
2/4の収録は、もう1本別枠の撮影が入るとの事で
搬入時間が4時間ほど、、スエーデンでも、フランスで搬入時間が足りなかった経験を思い出して
私の信頼出来る2人に搬入を手伝ってもらう。
一人はフランスのcarazy kawaii in parisでもお世話になった
間壁一晴くん、もう一人はなんと名古屋から新幹線で着てくれたエンジニアの松岡サン
2人は私が言わずとも察してくれる、気配り男子!

ブログ準備中
ブログ三人で

御仕事もきれいで早い。
て、2人の手を見たら、そこらへんの女子より美しい『手』!
しかも形が似てる

ブログの手
★右がアトリックスのcmもこなした(uso)一晴くんの手

搬入中に作品のテーマなどをインタビューとのことで
ずっとついてくださったカメラマンさんと三人に
即席チーム「殿様んず記念

ブログ殿様んず

私は眠すぎて一人あそび

ブログ鏡の中のtomo

ブログ田中さん達
★ロケ弁中のスタッフの皆様
時間のない中テキパキとありがとうございました^^
大変勉強になりました。


此の日は小雨と、ちょっとあられ、、
搬出も完璧にこなしてくれた2人。
新幹線を乗る前の松岡サンと大崎に戻りベトナム料理食べて
更に睡魔。。。

ブログ殿様頭富士山
日本にいながら、世界の方にみていただける機会をいただけることや
遠くから手伝いにきてくれる友人達に感謝して
ちょっと濡れながらひといきつく
毎回イベントの日は徹夜明けだけど
仕事が終わった後の一息が幸せ。。
いつもありがとう^^



nyc
★左の黒い富士山は、フランス人の画家demianのもの
逗子で描いた富士のスケッチより


姉がねずみ講にはまり、意味不明の鍋ぶたのみを
2500円で買わされた。。。
というのが今年の初夢

良くない夢は、皆に話した方が良いと聞いたので
元旦に家族に話したが、その夢よりインパクトの強い
むくんだ土偶のような顔に、家族の意識は私の方へ。。。

そんな山梨で迎えた私の2013
遅ればせながらハッピーニューイヤー\(^-^)/

12月からスタートしたジンマシン、むくみ、土色の顔
合わせて「土偶」
毎日温泉通いで、アートのアの字もなくぐったり

一人で1時間半温泉に使っていたら、倒れているのではと父母が覗きに来た。
規則正しい生活が、体に毒な私?

昨年お世話いただいた皆様、応援してくださった皆様ありがとうございました。
皆様にとって2013年が又すばらしい1年でありますように。


スネーク万ショー

★スネーク万ショー
2013年始動!

Dear my friends
i wish your great year 2013!
love
tomo






ないろん


ただいま発売中のNYLON 9月号で
「時代別に知っておくべきカルチャー」が掲載。
この手の特集はいろんなとこで何度も見たけど
ここでは2000年、2010年も!

そうか、60‘S、70‘S、80’Sと10年きざみなら
00‘S10’Sになるわけね

そこで00’Sは下妻物語やSEX AND CITYがエントリー
ついこの間だったような!!時間速!

そして10'SはLADY GAGA,RITHANNA,,,
そしてぱみゅぱみゅちゃんとNICKIがお隣同士にエントリー

nicki ないろん

不思議なのが、NICKIの使われたスタイルがあんなにいろいろな格好をしているのに
私がプレゼントした普段着的なカットソーを着ている姿だった

編集さんは何の気なしに選んだんだろうけど、
なんだかうれしくなってしまった。
記念に立ち読みを切り上げて本買わせていただきました(^^)(買えよ?)
kawaiiカルチャーが旋風した時代なんだって。

しかし、私がやらせてもらった中で感じたのは
nickiが選ぶ物って、100%じゃないけど
日本で言われるいわゆるkawaiiではなかった。
衣装として作ったものではなくart展示として作ってきたものからだったので
一点モノのart作品でそれにstreetカルチャーがどこかに入るものだった。
通じているかは分からないけど、流行やfashionのカテゴリーから
逸脱しているところが接点かと嬉しく思った。


20’Sまであと8年
時代はどうなっていくんだろ?
そして一周したら50’Sなネオ50とか言われるのかな

私はやっぱり、反骨精神から生まれたカルチャー
60年代後半から70年代の文化が好き
サイケ、パンク、etc

そして余裕から生まれたfakeゴージャス、チープなデジタル音の80’S
飛行機に乗る、ボディコンギャルが、
前髪をいかに高く上げられるかと巻いて寝たカーラーは、
私の絵の中に何度も出てくるアイテム(最近自覚した)
このおまぬけ感が漫画ぽくて好き

自己主張する「毛」!
これは何時代のものも面白い。卑弥呼様はファッションリーダーかもしれぬ

TOP