ShojonoTomo ArtWorks

Blogアーカイブ2013年12月

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログShojonoTomo-portrait-interview-1024x640
★ShojonoTomo avant sa performance de peinture au Tôkyô Crazy Kawaii Paris

ShojonoTomo, une petite fille devenue artiste
par Adrien • 30 décembre 2013

2013年最後の日に、Japon information(フランスでのCRAZY KAWAII IN PARISでの)さんから
インタビュー記事が掲載されました。
今年最後の締めくくりにナイスタイミング^^
インタビューは帰国後、通訳の山口優佳さんからメールでやりとり。
今までのインタビューの中で一番美術に関してのインタビューをしていただけて
光栄でした。ありがとうございます。
WEBではフランス語なので、日本語記事を。。。

JAPANINFOS インタビュー
(ライブペインと前の白い紙の前で、筆にした、お掃除モップ+自分のぬいぐるみと一緒の図)

未だShojonoTomoを知らない読者に、簡単に自己紹介をしていただけますか?

過去に芸術を学んでいらっしゃったのですか?
どのようにスタートを切りましたか?
そして何があなたを現在の個性あるスタイルに行き着かせたのでしょうか?


ST:私は両親にartを志す事を賛成されて来なかったので、自力でデザイン会社に入り
その後、夜学でデザイン学校にいったりしました。
無学であることや、反発心が、より私を創作に向かわせたかもしれません。
そして日々日常、自分で見て体験した物が合体したものが作品になったので、何かに憧れてスタートしたり
師がいなかったためにこういったスタイルになったのかもしれません。

どんな環境で制作していますか?

ST:私を一番最初に紹介してくれた現代アートのギャラリーは
私の廃材アートに興味を持ってくれました。
私は、幼い頃から、目があった、木くずや、ガラス、梱包材を拾い、今でもインテリアのおしゃれとはいいがたい
段ボールの山の中に住んでいます。
又、友人が、地盤沈下をおこした、物件を貸してくれて、最近はそこに出るネズミに怯えながら創作をしています。

創作意欲をそのように保っていますか?

ST:私が創作を止めたら、自分がこの世にいる意味が見いだせなくなるからです。

刺激される事や物は何ですか?そして人は誰ですか?

ST:台風や雷、自然の暴力、植物やビル。相反しながら共存する人工物の様。
心の痛みや愛情です。(心がないと思われるものも含め)
誰か?まず1人目は自分の中にいる、口をきくのが下手な自分でしょうか?

日本現代美術において、フランス国民は主に村上隆さんの作品を知っており、
ベルサイユ宮殿で催された彼の展覧会が話題になりました。
彼の作品をどう思いますか?


ST:アンディーウォホールさんに似ている方だと思います。
すべてを知っているわけではありませんが、見る人の立場を計算した作品だと思います。
彼の昔の作品で、白いだっこちゃん人形というのがありますが、それは好きでした。
最近の作品を見て、ドキドキしたりしませんが、私達作家に色んな事を教えてくれる人だと思います。

村上隆や彼の創作に影響された日本のアーティストは’スーパーフラット’派
と示されています。貴方の芸術作品はこの芸術派に属すると思いますか?


ST:私が育った環境の様々な文化が自然に皮膚や,頭から浸透して
今があると思います。
漫画は大好きな賞味ですから、そう考えると私にとって大きなものでしょう。
私は一部でアウトサイダーアートに属すると言われたりしますし、それに属する作家が好きです。
私は自分を客観視できていません。
見る方がどう思いたいかで良いと思います。

パリTokyo Crazy Kawaiiの際、お会いしました。
来場していた観衆に関して感想をお聞かせください。
フランス滞在をきっかけに新しいアイデアが浮かびましたか?
尚、あなたを特に驚かせた事はなんですか?


ST:皆さんとても好意的で、長時間のライブペイントもジッと見つめていてくれました。
言葉が通じない分、何を言おうとしているか、感じ取ろうとしてくれていることを嬉しく感じました。

ベルサイユ宮殿にいき、プチトリアノンから、植物博士が研究に使ったという様々な種類の植物が
とても楽しかったです。又、マリーアントワネットの使っていたトイレの展示を見た時に悲しくなりました。
帰国後、漫画ですが、池田理代子先生のベルサイユの薔薇と、ナポレオンを読み直しましたが、革命を起こすにあたる経緯や
貴族という文化や歴史に考えさせられました。現在描いている絵のタイトルは「トリアノン(母を選ぶ)」
とうものです。
驚いたのは、物価の高さと、それに見合ったイメージの物を見つけられなかったことです。

歌手のNICKI MINAJとコラボレーションしましたね。
今後、ヨーロッパのアーティストとコラボレーションが可能なら、誰と仕事をしえみたいですか?
そして、今後チャレンジしてみたい事はなんでしょうか?


ST:私が知っていて好きな作家は皆もう他界してしまいましたから
(ニキドサンファル、フィンセント・ファン・ゴッホ.パブロピカソ など)
その方達の絵とコラボしたりリスペクトした作品を創らせていただけたら嬉しいです。
それから、前にお話が少しあった、ポンピドウセンターで開催を企画した
漫画に影響を受けた作家という展示イベントのお話が流れてしまったのですが
それをやれたらうれしいと思います。
表面的な漫画の印象やスタイルだけでなく、日本人がそれら漫画を生み出す
きっかけとなる、ヒーロー願望や、コンプレックス
恋愛観、大和魂など、とてもリンクするものです。
興行を考えるとつい、有名な漫画のみの紹介になりがちですが
フランスの方にはそれらをお伝えして共有していただける感じを感じています。
それはきっととても意味が有る事になるでしょう。

BY Japon information
日本事業責任者 統括-交流-運営
日仏仏日翻訳家/通訳者
山口優佳




Japon infos : Nous aimerions connaître vos débuts, quel a été votre parcours artistique, l’origine du style qui vous est propre aujourd’hui ?

ShojonoTomo : À mes débuts, mes parents ne souhaitaient pas que je me dirige vers un parcours artistique. J’ai donc, par moi même, cherché à m’orienter vers des entreprises de design afin de me faire embaucher. Ensuite, tout en continuant à travailler en entreprise, j’ai intégré des cours du soir. Je n’avais aucune connaissance en design et l’antipathie que j’avais envers mes parents, m’ont, je pense, poussé vers la création.

JI : Parlez-nous, un peu de l’atmosphère dans laquelle vous réalisez vos productions ?

ST : Depuis que je suis toute petite, je ramasse les emballages, le verre et les déchets qui m’intéressent. Même encore aujourd’hui, je vis sous une montagne de cartons, ce qui est loin d’être le chic en matière de décoration. D’ailleurs, je crée mes œuvres dans un local qui a eu un affaissement de terrain. Il m’est prêté par un ami et récemment des rats sont même apparus; c’était très effrayant.

JI : Votre motivation pour créer, comment faites-vous pour la garder et quels sont les objets, les choses ou les personnes qui vous stimulent le plus ?

ST : Si je m’arrête de créer des œuvres, je ne trouve plus de sens à ma vie.

Concernant les choses qui me stimulent, il y a la violence de la nature, les typhons, la foudre, les plantes, mais également des objets artificiels qui coexistent avec la nature comme les immeubles par exemple. Question sentiment, je dirais la douleur du cœur et l’amour, mais pas forcement pour quelque chose de vivant. Quant aux personnes, c’est avant tout moi, la personne qui est dans mon intérieur, probablement celle qui est maladroite pour s’exprimer.
Mascotte du festival Tôkyô Crazy Kawaii, créée par ShojonoTomo

Mascotte du festival Tôkyô Crazy Kawaii, créée par ShojonoTomo

JI : En art contemporain japonais, le public français connait essentiellement les travaux de Takashi Murakami, ce dernier a fait beaucoup parler de lui lors de son exposition dans le château de Versailles. Que pensez vous de son travail ?

ST : Je pense que c’est quelqu’un qui ressemble au style d’Andy Warhol. Je ne connais pas tout sur Murakami mais je pense que ses œuvres sont calculées en fonction du public. J’aimais particulièrement une de ses anciennes productions nommée « Shiroidakko-chan Ningyô » (la version blanche de Dakko Chan, à l’origine une poupée trés populaire fabriquée par la marque Takara) , cependant à la vue de ses nouvelles créations je n’ai plus de coup de cœur. Néanmoins, je pense qu’il apprend énormément de choses aux artistes.

JI : Takashi Murakami et d’autres artistes japonais de son entourage se désigne dans un courant qu’il a nommé « Superflat », pensez-vous que votre travail artistique peut rejoindre cette mouvance artistique ?

ST : Je pense que cela dépend du public. Il me semble que mes œuvres existent aujourd’hui grâce à l’environnement culturel dans lequel j’ai grandi et qui a pénétré naturellement mon corps et mon esprit.

Cependant le manga est pour moi quelque chose d’important puisque c’est ce que j’aime énormément. Certains me disent que je fais partie du courant « Outsider art », j’apprécie également les artistes qui en font partie. En tout cas, d’un point de vue objectif, je ne peux pas me définir moi-même.

JI : Nous avons pu vous rencontrer lors du festival Tôkyô Crazy Kawaii à Paris, où vous avez exposé et réalisé en direct une performance de peinture. Pouvez-vous nous donner vos impressions sur l’accueil du public du salon ?

ST : Le public était très sympathique et fut captivé par ce long événement. Même si nous ne pouvions pas communiquer à cause de la barrière de la langue, j’ai eu plaisir de voir qu’il essayait de comprendre ce que je souhaitais exprimer.

JI : Votre séjour en France vous a t-il permis de découvrir des nouvelles idées de création, qu’est-ce qui vous a le plus surpris ?
Croquis de ShojonoTomo

Croquis de ShojonoTomo

ST : Je suis allée au château de Versailles, au petit Trianon et je me suis beaucoup amusée des diverses catégories de plantes qui ont été choisies par les botanistes. Par ailleurs, j’ai été triste lorsque j’ai vu la présentation des toilettes que Marie-Antoinette utilisait à l’époque.

À mon retour au Japon, j’ai relu « La rose de Versailles » de Riyoko Ikeda et « Napoléon » en manga. Cela m’a fait réfléchir sur l’histoire de la révolution et la culture française ainsi que sur la bourgeoisie. D’ailleurs, le titre de mon dessin que je suis entrain de réaliser aujourd’hui est « Trianon (Choisir sa mère) ».

Enfin ce qu’il m’a le plus étonné lors de mon séjour en France, c’est le coût de la vie et de ne pas avoir pu trouver de chose bon marché.

JI : Vous avez eu la chance de collaborer avec la célèbre chanteuse Nicki Minaj. À l’avenir, s’il était possible de travailler avec un artiste européen, avec qui aimeriez-vous collaborer ?

ST : Il y a des artistes que j’aime et que je connaissais déjà, tels que Niki de Saint Phalle, Vincent Van Gogh, Pablo Picasso, etc. Seulement ils sont tous décédés, je serais très heureuse si je pouvais créer quelque chose à partir de leurs œuvres mais également leur rendre hommage avec une de mes productions.

Sinon auparavant, j’ai eu une proposition pour un événement-exposition au Centre Pompidou autour des artistes influencés par le manga. Malheureusement ce dernier est tombée à l’eau, mais j’aurais été très intéressée de pouvoir y participer. Je trouvais que l’événement portait une réflexion du manga au delà de ses styles et des impressions superficielles. Une réelle analyse sur des concepts intéressants comme le désir de devenir un héros, le complexe de l’amour, l’esprit Yamato (le Japon originel); car c’est ce que les Japonais permettent de traduire à travers les manga. À ne réfléchir que sur la représentation, nous avons tendance à présenter simplement les célèbres séries de manga. Je pense que cet événement aurait permis de partager et de transmettre une autre signification du manga au public français.

Nous remercions à nouveau très chaleureusement ShojonoTomo pour cette interview accordée et lui souhaitons une excellente continuation dans tous ses nouveaux projets.
Pour en savoir plus

Site internet de Shojonotomo

Interview réalisée par Adrien Leuci, traduite par Yuka Yamaguchi pour Japoninfos.com
スポンサーサイト
ブログサンタさんimage

sweet streetから『サンタの秘密のプレゼント』企画のお知らせだよ〜^^
12/25までの企画なので急いで

『サンタさんの秘密のプレゼントをもらっちゃえ!』
ルールは簡単!
1:インスタグラムとTwitterで@sweetstreetslaをフォロー
2:添付のイメージに #SweetXmas とタグ付けをしてリツイートするだけ!
当選者は一日ごとにランダムに選ばれ、Sweet Streetsのアートプリント、
トイ、Tシャツなどの入った福袋をプレゼント!
#MyLittlePonyからも景品の出品あり!
下記にてくじのルール、日ごとの景品をご確認いただけます。
*くじへの参加は無料です。#SweetXmas
SWEET X'MAS


★『SWEET SANTA』
Who wants to play Secret Santa with us?! Simply follow us @sweetstreetsla, repost this image and tag #SweetXmas to enter our 12 days of Secret Santa Contest! Winners will be chosen randomly once daily and will win a grab bag full of Sweet Streets art prints, toys, fashion, and goodies from our friends like #MyLittlePony! Click here every day to see if YOU are a winner!
Complete Rules
http://tiny.cc/SweetXmasRules

No purchase necessary. #SweetXmas
フランス語、英語が堪能な方はご覧になってみてください〜
ブログ パリ新聞インタビュー

★このインタビューは確か1回目だったのと、寝不足ハイで、
いろいろ話しすぎたら、通訳さんが途中で具合が悪くなってしまった?
もしくは頭疲れ?を起こされたようで
1度休憩。。すみませ〜〜ん

toutelaculture.comさんからのインタビュー記事
toutelaculture.comインタビュー


ブログSans+titre
la folie des mangasからのインタビュー

la folie des mangasからのインタビュー
映像(初代クールジャパン戦略担当の稲田朋美内閣府特命担当大臣が訪れさいのお話シーンが
撮られているけど会話聞こえず><)↓


ブログ稲田大臣と


※通訳はニコラくん



2013/09/24 パリのTV [CHANAL +」で放映
ショウジョノトモのDOUBLE TEE、CAP,LOVE ALLERGY MASKをコメンテーターが着用し、
CRAZY KAWAII IN PARISでのライブペイントの風景を紹介される。
2013/09/24 - Shojono Tomo was featured on Canal+ morning show La Nouvelle Edition today. French actress Julia Molkou went to Tokyo Crazy Kawaii and brought back some fashion to share. You can watch the entire segment here!

ブログライブペイント取材チャンネル+

ブログチャンネル+ダブルTを着る2人

ブログチャンネル+マスクする女性

ブログチャンネル+NICKI

ブログチャンネル+ダブルT紹介




ブログコスモポリタンd50cbf1816aa11e38b1f22000a9f135b_7

★COSMPORITAN FRANCE MAGAZIN
バンダイからリリースされた、アニメ[MACROSS]xShojonoTomoグッズの写真が
フランスのfashion magazinコスモポリタンで紹介されました。

又、日本帰国後インタビューをいただいた
ジャパンインフォスさんの記事が紹介されたら、又ブログでお知らせします。
Japon infos. com

そして、インタビューではないですが
海外コミックニュース&コラム・インタビューを配信する
BD file(ベデファイル)にて、現地でお世話になったライター
鈴木ケンゾウさんのcrazy kawaiiレポート記事です。
【在仏特派員企画】「Tokyo Crazy Kawaii Paris」現地レポート クールジャパンの実態は?
BD file

他、マイナビニュースさんを始め、日本、フランスと、様々なwebで
crazy kawaiiの記事が読めます。
マイナビニュースさんでは、私のdouble teeをファッションショーで着てくれた
木村優ちゃんの写真が紹介されてました。(優ちゃんの完璧なポージングに、うちのジョニーも大喜び)
『Tokyo Crazy Kawaii Paris』、日本の「カワイイ文化」をパリにて
マイナビニュース

すべて紹介できてませんが、他インタビューくださった皆様も含め
本当にありがとうございました。
今回イベント名がKAWAIIなだけに、質問は「あなたのKAWAIIは?』みたいなことが
毎回だったのでパリのまとめとしてプロフイールの横に展示しようとしたコメントを
書いてみました。

● 日本人気質がアダルトチルドレンを生む?

日本人は、両親からハグされたりKISSしたりする風習が少ない。(近年は幼児期にはあるが)
又、両親が子供の前で,チューを見せる事もほぼなし。
もし両親の引き出しから』コンドームが見つかったら思春期の子供は嫌悪してしまう方が多いだろう。
これは生き方の見本である親が、子供達に「男女の恋愛」を見せる事をタブーとした事が要因だと私は思うのです。
それはなぜか?
日本人は人前で自分の感情をオープンにしすぎる事を恥と考える風習があるから?
又、自分をへりくだり、謙虚であることを美学とします。勿論程度の問題とtpoにもよりますが。

親がすべての見本である幼少期に、たっぷり愛された記憶がない子供は、様々な弊害を起こします。
人前でうちの子は出来が悪いから、、と謙遜のつもりで言う一言も
幼少期には多大な影響を与える可能性があるようです。

最近では、自分に自信がもてない原因になったり、又その逆にそれが反骨新につながり、才能を開花させるきっかけにもなることもありますが、、、。
近年ではこのように、なんらかの家庭に問題を抱えた子供の弊害による、心に子供を残した心を持つ人(愛情を渇望する時代の)をアダルトチルドレンと言うようです。
私は少年犯罪をテーマに作品を描いたことで、このアダルトチルドレンを知り、
自分もまたその一人なのだと認識しました。

私は自分の作品を通じて、この親子の愛情に対して世直しをしようと思っているわけではありません。
今だに自分が創作することで、自分の存在を確かめている段階です。

冗談で付けた私のペンネーム「ShojonoTomo」。
shojo は少女、tomoは友や智を意味します。
大人になってもずっと自分の中にいる少女の友達、心。私が無意識に選んだのかもしれません。


近年のKAWAIIカルチャーの増加は社会的責任をおいたくない子供の増加と無関係ではないと思います。
社会的責任をまだ追わない赤ちゃんをなぜ人は可愛いと思うのか?それは可愛くないと、守ってもらえないからである、、と何かで読んだ覚えがあります。

守られる存在でありたい、
可愛いと愛される?

表面だけでなく裏面も理解した上の日本の個性として
知られていくべきではないのか?
そういう面を知ってもらいたく、今回skinshipツールとして作成したdoubele teeに、
日本人気質の象徴である、トイレの音消しセンサーをつけたり、マスクを紹介してきました。
20%位伝わった?
kittyちゃんやキャリーちゃんの話しを聞きたかったインタビュアーさんは、
さぞがっかりだったことでしょう。
そういえば、最近貴方はなぜピンク色の髪なの?とnicki minajのファンの方からメールが来た。
私は 「ピンク色は愛情の色だから愛情が欲しいのかな?」
と答えたけど、今思えばNICKIが好きだから同じ色にしているの、、という答が欲しかったんでは?
と今、この文章を書いていて気がついた。
うん多分そうだ。。


TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。