ShojonoTomo ArtWorks

Blogアーカイブ2018年02月

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
今年もFLAT展に参加します^^


インスタコンクリートの恋人たち


FLAT展とは?
障がいあるなしに関わらず、作品の魅力そのものを“FLAT” に感じてもらいたいというコンセプトを元に、studio FLAT大平暁さんがオーガナイズする展覧会です。
FLAT EXHIBITION


2018年2月7日~2月15日
入場無料 〔開場時間〕12:00〜19:00
会場:元麻布ギャラリー
MAP
〒106‐0046 東京都 港区元麻布3‐12‐3
『交流会』2月10日(土)14:00〜16:00

[ワークショップ]2月11日(日)、2月12(月) 13:00-15:00 参加費:1,000円
• ※ワークショップ参加連絡先(studio FLAT大平) : jet_one@me.com

49b299_8daec81570fa4c52ae28e30bb1f7a417~mv2


• 参加アーティスト
半澤真人 / 岡浩子 /清井了支 / LUMMY /
ショウジョノトモ / 小林祥平 / 関友里恵 / 植松京子 /宮本憲史朗 / 岡田隆之 / 五十嵐昌子 / 鈴木涼太郎 / 竹葉聖也 /大川真実子 / 阿部堅太 / 中西春美 / 山内健資 / 平田貴子 / 中道一輝 / 道田亮雄 / 山本健児 / 飛田直美 / 黒川聡子 / 伊藤有里 /
ぼくらの美術研究所 /みるくぷらす / カミジョウミカ / アトリエ・ポレポレ /アート・メープルかれん / きりん組 / らいおん組 / 大平暁 / スペースえるぶ /あーとすたじお源 / 金子夢子/


障害があるように見えないからこそ周囲に誤解されて苦労する障害もある。。。

これは発達障害のお子さんを持つお母さんのコメントです。
ある日、自身がADHD(注意欠陥の)なんじゃないかと調べているうちにたどり着いた言葉でした。
そして少年犯罪を描くにあたり、アダルトとチルドレンのことを知り、これも「目に見えにくい障害」だなあと思いました。
人は良くも悪くも、目に見えるものや体験したことしか理解できずらく、特に負の方向のイメージに感じる話を聞きたくない時に「気にしすぎ、だから負を引き寄せるんだよ」というような心ない言葉を言ってしまうことがあります。
なんのつまずきのない人なんていないよ、親や環境のせいにいつまでもしてるんじゃないと、アダルトチルドレンの生きづらさに言ってしまうこともあります。
それはどちらも悪いわけじゃない。ただ、知識がないと、傷付け合ってしまうのですね。

私は自身がアダルトチルドレンなのだと知ってから、創作するだけで背一杯
(創作することでバランスをとっていた)と振り返ります。。
心理カウンセラーになろうと思っていた頃「あなたは人の痛みをもらってしまう。
カウンセラーは痛みを代わりに燃やしてあげられなければならないのですよ」と
先生に言われ、まずは自分を大切にできなければ真に他者を助けれれないのだと学びました。

そんな私がまだ小さな1歩ですが、もう1歩ダイレクトに「見えづらい障がい」に関わり、
そしていつか自分の体験が誰かの役に立てたら、、、と思えるようになりました。
へそ曲がりなので、ダイレクトな表現は苦手だけれど、私のやり方でどんなことができるのか?
そんな風に2018年の新春に思えたのです。(実は早速、家族問題で1月にへたってましたが笑)

そんな気持ちを持ってのFLAT展です。

今回の主人公はF30サイズの絵。タイトルは
Buildings (lovers of concrete)/2つのビルディング(コンクリートの恋人たち)
遠くを見詰めるMel(男性)Buildingと2つの顔をもたげるFemale(女性)Building。
いつも描き終わって知る「あ、今私こういう心境なんだ」と。。

生きづらさが全くない人なんていないでしょう。だから人は何かする、HAPPYのために
いろんな人の何かがFLATに並ぶ展覧会、ご覧いただけたら嬉しいです^^
私がギャラリーに在廊する日はまた別で告知します。近況報告氏会えますように

There are obstacles that struggle with being misunderstood in the surroundings because they do not seem to have a problem. . .
This is a comment from a mother with a child with developmental disability.
One day, I found out that I was investigating whether I was ADHD (attention deficit) or not.
And when drawing a juvenile crime, I learned about adults and children and I also thought that this was a "disorder not easily visible".
People are good and bad, they can only understand what they can see and what they experience, especially when you do not want to hear the story that you feel in the image of negative direction "You are too bothered, so attract the negative." There are times when I say words without heart.
There are no strangers, sometimes I tell the hardship of adult children if it is not done forever due to my parents and environment.
Both of them are not bad. However, if you do not have knowledge, you will get hurt.

Since I knew that I was an adult child, I looked back to himself as a cup full of creative (balanced by creating). . When I was thinking about becoming a psychological counselor, "You get a pain of a person, the counselor has to burn pain instead of burning it", said the teacher, if you can not treasure yourself first I truly learned that I can not help others.
Such a thing is still a small step, but I became able to think that if I was involved more directly in "invisible disability" directly, and someday my experience could be useful to someone.
Because it is curly, I am not good at direct expression, but can I do such a thing in my way? It seemed like a new spring of 2018 like that.

It is a FLAT exhibition with such feelings.
The hero is a picture of F 30 size. the title is
Buildings (lovers of concrete) / two buildings (lovers of concrete)
Mel (male) building looking far away and Female (female) who brings two faces Building.
Always finished drawing and know "Ah, now I am such a mind". .

There will be no one who is not easy to live. So people do something, for HAPPY
Exhibition where something of various people line up with FLAT, I would be happy if you can see ^ ^
I will announce another day when I will be present at the gallery. I hope to see you on a recent report
TOP