ShojonoTomo ArtWorks

Blogアート活動情報Paris fashion week

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
新聞蛇

ロンドンからユーロスター(鉄道)でパリへ出張~。
イギリスからパリに渡るには海底トンネルを通るんだよ。
と聞かされ
江戸川乱歩を連想し「日本でも海底トンネルみたいな水族館があるんだよ」
と話したら笑われた。
「tomoたこや,いかは見れないよ」って
そうでしたか、。。
そういや海ボタルもただコンクリートのトンネルだった覚えが

そして、久しぶりのパリ!
2006年に訪れたので記憶が新しいせいか
ロンドンよりひいき目で見てしまう。
街の裸ん坊の木はアンティークのレースに見えるのは私だけ?

fashionweekに行く前に
イリーキシモトのオープニングパーティーへ行く。
今回は飛行機、キャビンアテンダントがテーマらしく
ハンドメイドの切り絵とポスターカラーで
新作のテキスタイルが展示されてた。

そこから1分もしないmerciという場所で開催されているtrade showへ。
友人liliと待ち合わせ。またパリで再会出来てうれしー(2006年ぶり)
じがじ、またしてもカメラを忘れてしまい
会場の写真は彼ら待ち(ごめんなさい~~)
言葉でイメージプリーズ。

一言で言うと、
アッシュペーフランスっぽい
入り口や壁にはオブジェが飾られ
主役はアンティークレースのナイティーみたいなワンピかな?
飾り付けが上手
真ん中にアンティークのベッドに横たわるりすの剥製と
桜の枝がきれい。。(こういう空間演出はがっつり展示会ぽくなくて美しい)
とうわけで、イメージはユーロスターでいたずらがきした
fashio 新聞ざます。しるぶぷれ~

新聞赤いシャツ

新聞4




新聞3




追伸:
スタイリストのADAM のご招待おまけで
イッセイミヤケのFASHION SHOWへ

いっせいみやけ
双子のフランス人と
日本の空手家が、最初と途中に
イッセイの服を着て
「きえー!とぅ!」とパフォーマンスを見せていた。
外人さんにあエキゾチックなのだろうが
一瞬笑いそうになり
慌てて目をそらしたら
やはり吹き出しそうなのを堪えていたフランス人のお姉様と
目が合い、無言の意気投合。じゅて~む

いっせい招待状

パリではなにかと日本人や
日本の食、漫画、etcに出会った
色も紫、ピンク、水色と
80’sブームとはまた違った
上品でぱぴゅーむぽい色を堪能。

ちょっと移動しただけで
ロンドンとパリ、こうも違うのか

カフェや道行く人、特におばちゃんなんかが
もうパリじぇんぬ。細かい細工や
つま先使いがおしゃれ。。。
気のせいか?ロンドンは実用性型?のノーヒールブーツ女子
パリは、ヒールのブーツ、さきっぽとんがってます系

あ、両者の共通点は
皆、ジーパンから腰だしてること。
日本では貼るカイロだ、腹が冷えると
パンツにしっかりシャツをインするけど
みんな腰肉をあらわにしてる。
多分、腹巻きが売れない国と確信
こんなfashion 報告でいいのか自分?



関連記事
TOP