ShojonoTomo ArtWorks

Blogアート活動情報LONDON FASHION WEEK

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
ロンドンF/W入り口

寒い!とにっかく寒くておしゃれなんて
どーでもいい!
とか言うとビコウシャに怒られてしまうから
言ってきました~LONDON FASHION WEEK

前髪だけショッキングピンクに染めた女子や
水色の頭の女の子が入り口でインタビューされていたので
やや期待。。。
が数分後間違いに気づく。

元祖観光パンク↓さんは,おまへん
PUNK KID

会場の写真は撮れないので
またイメージしてね。
私が唯一知っていたのがブラジル生まれMelissa(メリッサ)
メリッサ

2006年、SHIMAのヘアショーで
イノシードーターの服に合わせてくれた
私の大好きなシューズブランド。
私もピンクの長靴風ブーツをはき倒してる。
でも今期は色がややダーク目。
去年のネオンイエローのヒールが恋しいなァ

他はいわゆるFASHION(当たり前なんだけど)
私のお目当てのプリント物は皆無
唯一、BAGにグラフィックを挟み込んだセカンドBAG屋さんが出ていたものの
絵を生業としてる私には別世界。
日本の展示会ROOMSではART色が強く
ガムテープだけで作成したお財布や
2006年には明和電気さんが出たりしてたので
すごい期待してしまっていたのでがっくり!

そこで、私がコラボレーション予定のジュエリーSHOP
anna louのブースへ向かう。
そこにはイギリスのフラッグでメイドカフェ風エプロンに仕込んだ
annaのスタッフちゃんが出迎えてくれた。
昨年日本でのミーティングで会っただけなのに
すぐ気がついてくれてうれしー

ANNA エプロン

annaはオーストラリアに出ているとのことで
ネクタイの打ち合わせは3月10日にすることに。


招待状

今回、FASHION 関係は、すべて
スタイリストのADAM HOWEにお世話になった。
THANK YOU ADAM(^^)
しかしエントリーが本名TOMOKO UEMATSUなのがはずかちい
SHOJONOTOMOでもエントリーしたけど
PRESSで入場してしまった。
デザイナーの名札を付けていると
ブースの人たちが「なんだ客じゃないじゃん!」的は対応らしく
事実BAG屋のねーちゃん二ちゃんに書きたくなるほど態度悪し!
ADAM 激怒!

F/W ADAM

ADAMは自身もブランド6876を持つスタイリスト。
4月にエビスジーンズとVOUGEオムの仕事で
日本に来るそうなので、お寿司おごらないとね(くるくるでヨロチク)


翌25日はFASHIONSHOW.
レディースには間に合わずメンズだけ堪能。
しかし皆黒黒黒。ふーん
ヨーロッパ(フランスだけかな?)
では人気薄らしいメッシュCAP君1名発見!
FASHION SHOW ROAD

BAGと靴のショーらしく、またも退屈~
驚いたのは90年初頭のリバイバル風?
激やせした男子モデルは皆
オードリーの春日ヘアーにベレー帽
ハイウエストにバギーパンツ
ソックスはマイケルジャクソン以上に見せてる。
これ流行るの?

故イラストレーター「ペーター佐藤さん」のイラストを
ロンドンの空に描いてみたくなった
ショウジョノトモであった。

早く本屋かギャラリーいかないと窒息する~~~~~~!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★ショウジョノトモのART活動、SHOP情報は
メルマガで配信中↓
メルマガ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ショウジョノトモのデザインした
インディーズTシャツのshopはこちら↓
EnocDouter
関連記事
TOP