ShojonoTomo ArtWorks

Blogアート活動情報AMBI TV VOL.15!今回は司会進行の森内サンのROCKマガジンドーナッツ喪章会

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。

★BambiTV#015〜ショウジョノトモ、Skinship Burny Childrenを語る
edit&MC:Jun Moriuchi
support:三軒茶屋・Tシャツ屋さんのバンビ

我が家のちょーポンコツTVが横揺れしはじめて
深夜番組のエルビスやチャックベリーを語るのにぴったりなブレ。。60年代みたい
TV何回も叩いたけど駄目。。
エルビスが腰を振ると女の子がきゃーーーーーーー!!
(私も歓喜して「シッシン」してみたーい!)
でもCMで氷川きよしが出たら直った!
家のTVは演歌好きか?

今回のバンビtvは、ハロウィンイベントで蘇ったゾンビart work
ということで、
Skinship Burny Childrenについてしゃべってます。


さて、今回はいつもバンビtvの司会をしてくれている
有限会社スタジオ・エム・オー・ジーの森内さんの紹介です。
森内サンは、17歳からROKIN ONのライターさんをしてきた
筋金入りのROCK男子!
森内サンも今このTVみてるかな?

いつも私達を紹介してばかりでなので
今回は森内サンの仕事を紹介です(^^)

ドーナッツ
『ロックンロールが降ってきた日』をつくった秋元美乃/森内淳は
“ロックンロールの物語を記録(レコード)するメディア”『DONUT』を創刊。
出版社に頼らず、広告もとらずに、2人がお金を出し合い、
ミュージシャンの協力のもと、数人のスタッフで作り上げた本。
この紙媒体が衰退する中、次々と色んなバンドが名乗りを上げて、
本は色んな人の手に渡っているそう。

17歳のエルビスが、お母さんの誕生日プレゼントに、歌を収録に行って唄った所
スカウトされ、瞬く間に時代を変えた。(TVの受け売り)
今、森内サンはエルビスのように腰をふり
ドーナッツを食べながら取材しまくっている。
ROCK時代COM BACK!かっこいいぜ


DONUT VOL.1 CONTENTS

巻頭特集:ARABAKI BLUES
池畑潤二・浅井健一・チバユウスケ対談
アラバキ菅プロデューサーインタビュー
7.1LastZeppSendaiフォトドキュメンタリー(by 岩佐篤樹)
ロックンロールが降ってきた日:ビートりょう(ザ・ボヘミアンズ)
百々和宏(モーサム・トーンベンダー)
TOPICS:Droog、hotspring、須藤寿GATALI ACOUSTIC SET、
コータロー・アンド・ザ・ビザールメン、MR.PAN(ザ・ニートビーツ)

発行・編集:秋元美乃/森内淳
アートディレクション:三浦巌(三浦デザイン)
A4 80ページ カラー+モノクロ
定価:900円+税
通販価格:1,050円(本体価格900円+消費税45円+送料・梱包料105円込)

DONUTは一部ショップと通販で購入出来るそう。
詳しくはブログみてね
DONUT公式ブログ

お、ビートルズを語るに変わった。。。
今夜はプリキュアTEEを入稿したので、夜更かしロック♪


関連記事
TOP