ShojonoTomo ArtWorks

Blogアート活動情報CRAZY KAWAII IN PARISのインタビューやメディアをまとめてみました。そして私のKAWAIIってなに?

Blog

ショウジョノトモのブログ【アーティスト情報!】

ショウジョノトモのアートワーク(Tシャツ・バックなど)やアーティスト情報をお知らせするブログです。
フランス語、英語が堪能な方はご覧になってみてください〜
ブログ パリ新聞インタビュー

★このインタビューは確か1回目だったのと、寝不足ハイで、
いろいろ話しすぎたら、通訳さんが途中で具合が悪くなってしまった?
もしくは頭疲れ?を起こされたようで
1度休憩。。すみませ〜〜ん

toutelaculture.comさんからのインタビュー記事
toutelaculture.comインタビュー


ブログSans+titre
la folie des mangasからのインタビュー

la folie des mangasからのインタビュー
映像(初代クールジャパン戦略担当の稲田朋美内閣府特命担当大臣が訪れさいのお話シーンが
撮られているけど会話聞こえず><)↓


ブログ稲田大臣と


※通訳はニコラくん



2013/09/24 パリのTV [CHANAL +」で放映
ショウジョノトモのDOUBLE TEE、CAP,LOVE ALLERGY MASKをコメンテーターが着用し、
CRAZY KAWAII IN PARISでのライブペイントの風景を紹介される。
2013/09/24 - Shojono Tomo was featured on Canal+ morning show La Nouvelle Edition today. French actress Julia Molkou went to Tokyo Crazy Kawaii and brought back some fashion to share. You can watch the entire segment here!

ブログライブペイント取材チャンネル+

ブログチャンネル+ダブルTを着る2人

ブログチャンネル+マスクする女性

ブログチャンネル+NICKI

ブログチャンネル+ダブルT紹介




ブログコスモポリタンd50cbf1816aa11e38b1f22000a9f135b_7

★COSMPORITAN FRANCE MAGAZIN
バンダイからリリースされた、アニメ[MACROSS]xShojonoTomoグッズの写真が
フランスのfashion magazinコスモポリタンで紹介されました。

又、日本帰国後インタビューをいただいた
ジャパンインフォスさんの記事が紹介されたら、又ブログでお知らせします。
Japon infos. com

そして、インタビューではないですが
海外コミックニュース&コラム・インタビューを配信する
BD file(ベデファイル)にて、現地でお世話になったライター
鈴木ケンゾウさんのcrazy kawaiiレポート記事です。
【在仏特派員企画】「Tokyo Crazy Kawaii Paris」現地レポート クールジャパンの実態は?
BD file

他、マイナビニュースさんを始め、日本、フランスと、様々なwebで
crazy kawaiiの記事が読めます。
マイナビニュースさんでは、私のdouble teeをファッションショーで着てくれた
木村優ちゃんの写真が紹介されてました。(優ちゃんの完璧なポージングに、うちのジョニーも大喜び)
『Tokyo Crazy Kawaii Paris』、日本の「カワイイ文化」をパリにて
マイナビニュース

すべて紹介できてませんが、他インタビューくださった皆様も含め
本当にありがとうございました。
今回イベント名がKAWAIIなだけに、質問は「あなたのKAWAIIは?』みたいなことが
毎回だったのでパリのまとめとしてプロフイールの横に展示しようとしたコメントを
書いてみました。

● 日本人気質がアダルトチルドレンを生む?

日本人は、両親からハグされたりKISSしたりする風習が少ない。(近年は幼児期にはあるが)
又、両親が子供の前で,チューを見せる事もほぼなし。
もし両親の引き出しから』コンドームが見つかったら思春期の子供は嫌悪してしまう方が多いだろう。
これは生き方の見本である親が、子供達に「男女の恋愛」を見せる事をタブーとした事が要因だと私は思うのです。
それはなぜか?
日本人は人前で自分の感情をオープンにしすぎる事を恥と考える風習があるから?
又、自分をへりくだり、謙虚であることを美学とします。勿論程度の問題とtpoにもよりますが。

親がすべての見本である幼少期に、たっぷり愛された記憶がない子供は、様々な弊害を起こします。
人前でうちの子は出来が悪いから、、と謙遜のつもりで言う一言も
幼少期には多大な影響を与える可能性があるようです。

最近では、自分に自信がもてない原因になったり、又その逆にそれが反骨新につながり、才能を開花させるきっかけにもなることもありますが、、、。
近年ではこのように、なんらかの家庭に問題を抱えた子供の弊害による、心に子供を残した心を持つ人(愛情を渇望する時代の)をアダルトチルドレンと言うようです。
私は少年犯罪をテーマに作品を描いたことで、このアダルトチルドレンを知り、
自分もまたその一人なのだと認識しました。

私は自分の作品を通じて、この親子の愛情に対して世直しをしようと思っているわけではありません。
今だに自分が創作することで、自分の存在を確かめている段階です。

冗談で付けた私のペンネーム「ShojonoTomo」。
shojo は少女、tomoは友や智を意味します。
大人になってもずっと自分の中にいる少女の友達、心。私が無意識に選んだのかもしれません。


近年のKAWAIIカルチャーの増加は社会的責任をおいたくない子供の増加と無関係ではないと思います。
社会的責任をまだ追わない赤ちゃんをなぜ人は可愛いと思うのか?それは可愛くないと、守ってもらえないからである、、と何かで読んだ覚えがあります。

守られる存在でありたい、
可愛いと愛される?

表面だけでなく裏面も理解した上の日本の個性として
知られていくべきではないのか?
そういう面を知ってもらいたく、今回skinshipツールとして作成したdoubele teeに、
日本人気質の象徴である、トイレの音消しセンサーをつけたり、マスクを紹介してきました。
20%位伝わった?
kittyちゃんやキャリーちゃんの話しを聞きたかったインタビュアーさんは、
さぞがっかりだったことでしょう。
そういえば、最近貴方はなぜピンク色の髪なの?とnicki minajのファンの方からメールが来た。
私は 「ピンク色は愛情の色だから愛情が欲しいのかな?」
と答えたけど、今思えばNICKIが好きだから同じ色にしているの、、という答が欲しかったんでは?
と今、この文章を書いていて気がついた。
うん多分そうだ。。


関連記事
TOP